若者の間で人気のスノボツアーは注目すべき存在


スノボツアーはあまりお金がない若年層の味方

大学生などの学生とは勉強が生活の中心となっており、親からたくさんの仕送りを受けている場合を除いて、バイトをしていてもあまりお金を使えない傾向です。そして、スノボ好きの人が個人で遠方のスキー場に行くとなるとかなりのコストがかかってしまいますが、ツアーに参加する形をとるとかなり低コストで済みます。そういった事があり、スノボツアーの存在はあまりお金が使えない若いボーダー達の間で必要不可欠なものとなってきている状況です。

日帰りスノボツアーのコストとは?

スノボツアーは、移動手段がバス・新幹線のどちらであるのか、また日帰りなのか泊りがけなのか、といった条件によってかかるコストが大きく変わってきます。一番安く済むのは高速バスを利用した日帰りスノボツアーで、例えば東京の駅を出発地点とするツアーの場合だと4000円くらいのツアー商品もあるくらいです。ただし、同じ日帰りでもバスより運賃が高い新幹線を利用したツアーに関しては、近場でも9000円から1万円のコストがかかります。ちなみに日帰りツアーに関してバスと新幹線を比較してみると、新幹線を利用する場合、ツアー料金は高額ながら現地に長時間滞在していられるのがメリットです。

1泊スノボツアーのコストとは?

続いて、現地の宿泊施設に1泊するツアーの料金はどのくらいかというと、バスを利用するツアーであれば約1万円で済むツアーも存在します。新幹線を利用する1泊するツアーに関しては1万円程度で済むような商品はなく、1万5000円から2万円くらいのコストがかかります。

スノボツアーは、北海道方面のスキー場利用の場合は飛行機を使って行く商品がありますが、移動で体力的な負担を感じる事は無いでしょう。