冬の北海道、ジビエ料理を味わうならエゾシカ肉がおすすめ!


冬の味覚、ジビエ料理って?

北海道には季節それぞれの魅力があり、冬もウィンタースポーツや雪祭り、流氷船やタンチョウ見物などを目的として多くの人が北海道を訪れています。冬の味覚もその魅力のひとつですが、近年、冬の北海道の味として定番になりつつあるのがジビエ料理です。ジビエとは狩猟肉のこと。免許を持った猟師さんが、冬の猟期の間に狩猟で得た食肉を使った料理です。最近は東京のお洒落なレストランでもジビエ料理を出す店が増えていますが、豊かな自然を背にした北海道では、より身近な味覚として広がりを見せています。ジビエ肉は固い、くせがあるといったイメージも以前は強かったのですが、きちんとした処理と調理の方法が知られていくにつれ、珍しさだけでなく美味しさでも人を惹きつけるようになりました。

ヘルシーなエゾシカ肉が代表的!

ジビエ料理には鹿、猪、鴨など様々な動物の肉が使われますが、北海道ならではのものとしてはエゾシカ料理が代表的です。北海道に生息するエゾシカは近年数が増え続け、農産物に多くの食害を与えることが大きな問題となっています。そのため狩猟で生息数を減らし、さらにそれを食肉として流通させることが盛んになってきました。エゾシカ肉の特徴は、脂肪分が少ないヘルシーな赤身肉であること。霜降り肉が苦手な人、肉そのものの旨味をじっくり味わいたい人には特に向いています。フレンチや鉄板焼きのお店でソテーや煮込み料理として提供されることが多いですが、居酒屋などでも冬限定で扱っている場合があるので、エゾシカ料理がないかどうか気軽に尋ねてみるといいでしょう。

北海道の旅行に行く時は、車や電車を利用して広い道内を移動しながら魅力的なスポットを巡るのがおすすめです。